ふたつの違い

印鑑イメージ

常日頃から身近にあり、使うことの多い印鑑。
では皆さんは、「印鑑」とは何か説明できるでしょうか。
「はんこ」はどうでしょう。
このふたつの言葉、それぞれ違うものを指しているのですが、混同して使われていたり、少し間違った意味で使われることの多い言葉なのです。

これを読んでいる多くの方は、「印鑑」というと、何か大切な契約をするときや銀行で口座を開設するとき、または自宅で宅配便の荷物を受け取るときなどに使う、小さな棒状のものを想像されるのではないかと思います。
実はこれは、印鑑ではありません。
この小さな棒状の印が、「はんこ」なのです。
皆さんが「印鑑」と呼んでいる印の本体のことを、本来は「はんこ」と呼びます。

では、それなら「印鑑」は……? という声が聞こえてきそうですね。
「印鑑」というのは、本来「印を押す道具」ではなくて、押されたもののことを指します。
そう、はんこを押した紙の上に残る、あの字や絵のことです。
はんこを押して紙に写った印が、印鑑なのです。

この「印鑑」と「はんこ」、昔ははっきりと別々の言葉として区別されていたようなのですが、いつの間にか混同されるようになってしまいました。
混同されるようになった原因としては、「印鑑をください」などという言い回しから、はんこ本体を指すのか印を指すのか曖昧になってきたためと言われています。
最近では印鑑やはんこについて書かれたサイトや、はんこを扱うお店でも混同されて使われることも多くなりました。
意味が通じるので困ることはないかもしれませんが、豆知識としてでも、このふたつの違いは知っておいて損はないですよ。

PR:はんこの殿堂 印鑑卸売市場

ページの先頭へ